作図説明

ホームセンターや、量販店の雑貨関連売り場で多用されるスライド式壁面什器の作図事例です。

この什器の利点は、売り場となる什器(スライド什器)にストック機能を設ける必要がなく、什器全面を陳列やディスプレイに活用出来るというところです。

また、売場内ストックとしても大量の商品を収納出来る点もこのスライド式什器の良い点でもあります。

そして、背面も陳列やディスプレイとして機能させる事も出来るので、多用な使い方も考えられます。

ただ唯一の難点は、奥行きが通常の什器より倍必要な点です。ですから、ある程度の広さのある店舗でないとこの手法は、むつかしいと感じます。

注意すべき点といえば、まず高さがある什器ですから、安全、且つスムーズに什器をスライドさせる事が必要です。スライドの軸となる背面側什器の強度です。

以下は、スライド式什器の断面詳細図です。しっかり読み取って次に進んでください。

注意点の一つ目に挙げた安全且つスムーズにスライドさせる為には、上部のレールと、底面のキャスターが重要となります。

レールについては、家具金物メーカーの既製品を応用して作図をしていますが、本来の用途はクローゼットの引き戸用なんです。

強度に関してメーカーに確認はしましたが、理論上では可能という返事しかもらえませんでした。 なので、実際に使用されたかどうかは、正直定かではありません。

キャスターに関しては、必ず一方向のタイプのもので、重量用を選ぶ事をお勧めします。 また、床面を傷つけない為にもローラー部分はゴム製か樹脂系が良いでしょう。

次に、二つ目の注意点について!

背面什器(ストック部分)の強度についてですが、重量のある什器をスライドさせるので見付を太くして強度を上げています。

倒れ止めとガイド用のレールだけですから、さほど重量が掛からないと感じますが、商品が陳列された状態では少なからず荷重がかかります。

ですから、見付寸法は40mmに設定しました。 その際ジョイント部見付の収めにも気を配って下さい。

いくら背面にあって隠れている什器でも見付にジョイントラインがあるよりも、綺麗に一つの面として見せた方が見栄えも良いです。

そのために、片方の什器の見付を勝たせてジョイントさせています。 図面内のb詳細図を参照して下さい。

最後に、今回の事例はかなり以前の図面ですが、売り場によってはまだまだ、活用できます。しかし、全体の見栄えはあまり良くありません。もう少し知恵を搾らなければなりませんね。

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ