片開き戸 ”きほんのき”01
片開き戸 ”きほんのき”
■サイズ■仕様
W680×D121×H2125
図面参照
建具:t=40フラッシュ
:ポリ化粧板貼K-6306KN <AICA> 三方枠:塗装仕上げ 
■備考
 

作図説明

ほんと、なんでもない、片開き戸の作図事例です。これは、”きほんのき”といっても良いでしょう。

「建具図を増やしてください」という読者の方のリクエストがありまして、基礎要素のある建具図を何点か投稿してみます。

簡単な建具図で申し訳ないのですが、この程度の作図もちゃんと描けない人がうちの塾生にもいますが、悲しいことです。

店舗設計には、必ずと言っていいほどこの建具が出てきます。ホテルなどではかなりの量があって大変です。

過去には建具自体の作図より、その整理に追われたことがあって嫌な思いをしたことがあります。

上記、三面図での注意点は特にはありませんが、建具枠は最低限 t=25mmは取るようにしてください。でないと、枠止めのステーが取付けられないことがあるからです。ご注意を!

ここでは、「平断面詳細図」をご覧いただきましょう。

片開き戸 ”きほんのき”02
平面詳細図

上記作図には、枠外及び、枠内寸法、それにDW(ドアワイド)どれをとっても必要かと思われますが、枠外サイズという表現はあえて必要とは思いません。

製作図依頼が来た時点での、依頼者側からの指示内容です。素直にそのままで描いてますが、工夫がないですね!(笑)ただ、現場がはじまると、最初に依頼されるのが、建具図です。

開口枠の寸法を決めていかなければならないからです。これが決まらなければ、LGS組みや、PB貼りに支障をきたすことがあるからです。

それでは、もっと理解して頂くために「断面図詳細図」も添付しておきます。これだときっと、よりお解りになると思います。

片開き戸 ”きほんのき”03
断面詳細図

作図はA3用紙設定で、2枚に渡って描いてます。

簡易な建具図面なら1枚で処理することが多いのですが、実施図や施工図となると2枚に分けて描く方が依頼者側からも喜ばれます。

それぞれのサイズがしっかり読み取れますね。とても分かりやすい作図と思います。

作図初心者の方も、最低限この程度まで掛けるようになると、上司からも高評価をいただけます。

我々フリーの図面描きはこれで、7,000〜8,000円頂けます。

運が良ければ、10,000円の時もあります。希ですが・・・・・。

いずれにせよ、描けることに越したことはありませんので、ここはひとつ努力を期待したいです。

今後もこのような作図事例が続きますので、しっかり理解して自分のモノとしてください。余田和でした。

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ