エスカサイド01
エスカサイドのガラスサッシュの図面事例
■サイズ■仕様
W3500×D40×H1100
図面参照 
 サッシュ:25×40,60×40 SUSビーズブラスト仕上げ
 押さえ縁:12×12 SUSビーズブラスト仕上げ
 スクリーン:t=10クリアガラスFIX 
■備考
 難易度:初級編/★★☆

作図説明

この作図事例はエスカレーターサイドに設置されたガラスサッシュの姿図とその断面図です。

商業施設のルールとして、見通し規制というのがあって、特にエスカレーターサイドには、この規制がありますので、注意が必要です。

この事例の場合は、ビル側(内装管理室)からの規制であり、このエリアには、遮蔽物を置かない規制が指示されます。

ですから、店舗側としては必ず、その見通しやらを考えて、シースルー感がある什器で構成しなければなりません。

さて、今回ご覧になっているガラスサッシュは、最もシンプルで、基本となる構造になっています。納めについても、この事例こそ「ガラスサッシュ」の納め!といってもよいので、私は基本形と呼んでます。

尚、トップの図面では、その詳細が見にくいと思われますので、拡大図を下記に示しておきます

エスカサイド02
断面詳細図

作図ポイント

納めについては、上記のようになってますが、単純な図面なのでお分かりになるでしょう。考え方は、25mm×40mmの鋼材に12mmの角パイプを片方は溶接で止め、その後、押さえ縁の12mm角パイプをビス止めとします。

ここでちょっとした注意点があります。

鋼材でもスチールとステンレスでは、規格サイズが若干異なります。スチールにあってもステンレスにないものもありますし、またその逆もあります。なので使用する場合は必ず鋼材表を確認する事をおすすめします。

仕上げは、どのようなものでも良いと感じます。スチールでは、メラミン焼き付け塗装が一般的です。

次に、今回の事例は、サッシュ下部の固定方法には、やはりアンカー打ちが必要かと思われます。しかし、百貨店によってはこのアンカー打ちを嫌うところがありますので、事前に内装管理室への確認が必要かと思われます。

後記

今回の作図事例は如何でしかか?
ガラスサッシの納めの基本は今回の事例で充分通用いますので、是非覚えるようにしてください。

また、今回の事例に近しい納めをするガラスパーティションってというのがあって、これについても、当サイトには、多くはありませんが投稿していますので、こちらも参考にしてください。

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ