DRESS & STYLES_2013.06
レンタルブティック_2013.06
■サイズ■仕様
W800×D50×H2600
図面参照
テンパライトドア:t=10クリアガラスFIX+飛散防止フィルム貼り
サッシ:SUS HL
スクリーン:t=8クリアガラス+飛散防止フィルム貼
■備考

作図解説

作図事例は、ブライダルショップのレンタルブティックでのVIP用でのフィッティングルームのテンパーライトドア詳細図です。一般客用との差別化で、そのフィッティングルームには、ガラスサッシュでクローズした部屋を設けました。

内部にはカーテンボックスも取り付けて、外からの視線も完全にシャットアウト出来るようにもなっています。

造りと言えば、ドアの両側にあるサッシュはステンレス(以下SUS)フレームで、ガラス押さえには同素材の角パイプを用いています。サッシュ上部には規格サイズの角パイプを使用し、天井裏の補強金物(100mm×50mm)に溶接処理にて固定しています。

床面のハカマは、底面に溶接したSUSプレートの座を床の仕上げ材が、貼られる前に固定します。

最も頑丈で安定した固定方法は、やはりアンカーボルトが適していますが、床との接地面を大きくとったことで、固定方法も強度と安定性は増します。

次に、テンパーライトドアについてですが、重量のある建具用のフロアヒンジを使っています。下記に今回使用したヒンジの情報を添付しておきますので、参照下さい。

ただ、フロアヒンジ使用の場合には、床を斫る必要が必要がありますので、施設側への諸事項は解決しておいてください。

続いては、カーテンボックスです。
取り付けるカーテンは、映画館の暗幕のような遮光仕様なので、通常のカーテンよりも、重くなります。そのため、両側の壁面でのビス固定だけでなく、天井からもパイプで吊る補強もしています。

最後に、カーテンボックスを取り付けるために、天井からも吊りパイプで補強をしていますが、開閉する頻度や間口サイズによっては、吊りパイプの本数と取り付け位置を再設定する必要がありますので、ご注意下さい

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ