タカシマヤ大阪店 4F 毛皮&バッグ_2010.07
■サイズ■仕様
W1200×D110×H2630
図面参照
枠:スチールブロンズ仕上げ
スクリーン:t=8クリアガラス+デザインシート貼り
(3M/シャティー横目貼り)
■備考
2019.11.27更新

作図説明

ガラスパーティションの作図事例をご紹介しますが、一般的なガラススクリーンは、そのほとんどが、ガラス1枚での仕様がほとんどですが、この事例ではガラスを二重に重ねたボックス型になっています。

2枚のガラス面それぞれには、ストライプ模様のデザインシートを貼り付けてあります。そして、このガラスを二重に重ねたことで、ある効果があるのです。

この効果というのは、ストライプ模様のデザインシートにあるのです。

二重のガラススクリーンに貼られたデザインシートが、見る人の視線の高さや角度などで異なり、様々な視覚効果を生み出すのです。ちょっと興味深いパーティションだと感じます。

ただ、もっと贅沢を言わせてもらうと、上下に内部照明が欲しかったといえます。上下のサッシュにLEDを取付ければ、かなり視認性の高いガラスパーティションになったと確信します。

設置する場所は、ところ構わず、店頭の目立つ場所や、壁面のちょっとした箇所に設置すれば、アイキャッチーとして有効なものになるかもしれません。い。

さて、作図的にも納めについても、特に注意すべき事は有りませんが、ガラススクリーンをサッシュに取付る際の手順を考えておく事がポイントです。

上下のサッシュ内部にガラス押さえがあるので、小口面のガラスを最後に取付るようにしなければなりません。そのため、小口面のガラスはコーキングだけで固定する事になります。

最後、断面詳細図を付けておきますので、平面詳細図と見比べながらしっかりマスターしてください。

まとめ

ガラスを2重にしたパーティションの演出方法は工夫次第で、様々な見え方になり、楽しさや、ワクワク感を人に与えます。。特に照明と組み合わせ演出はビジュアル的効果は抜群でしょう。

今回の作図事例をマスターしてもらえれば、ある程度の出来が期待出来ると考えます。また、これもアイデアのひとつですが、ボックス内部に装飾物か何か演出小物などの設置しても面白いかもしれません。

例えば、造花の花で光の陰影による演出や、水と泡の光が乱反射する演出もアイディアとしてありますね。

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ