ope-jyuki01
bay hill classic レナウン 岡山天満屋店_2000.02
■サイズ■仕様
W1500×D460×H2200
図面参照 
本体:ホワイトアッシュ染色CL仕上げ
可動棚:t=6クリアガラス
■備考
 

作図説明

柱を中心にした中央区画(アイランドエリア)での、1エリアの基本設計を手掛けた時の作図です。壁面らしき面として使えるところが柱と隣接店舗との間仕切り壁程度しかないので、とても苦労しました。

作図事例を見ればお分かりと感じますが、かなり狭いスペースで、商品展示とレジスペース(オペレーション)とを兼ねた什器となっています。窮屈さは否めませんが、このテナントのエリアの条件下の中、これも仕方がありません。

百貨店の特殊エリア(アイランドエリア)では、限りあるスペースに、店舗として必要最低限の要素を入れないと成り立ちません。

設計者は苦労の連続です。(汗)

少ないスペースを使って最低限の商品ボリュームを展開するには、こういったケースの多機能な什器が必要となります。

この事例のように2/3は、商品陳列。1/3は、レジ、その他オペレーションとなる機能を盛り込みます。といっても、カウンターと天袋を据え付けるのが精一杯ですがね・・・・・。

それでは、以下部分詳細図をご覧になってください。

以下は平面詳細ずですが、スリットが、ガラス棚の掛かりが少ないので気がかりですね。そして、2枚目はスリットに掛ける商品棚の詳細図です。シャツを飾るスペースのようです。

ope-jyuki02
ope-jyuki03

尚、将来的なレイアウト変更のことも考慮して、このカウンターと天袋は取り外し可能にしています。FAXスペースがあるのでかなり古い図面のようです。百貨店特有の什器だと感じます。

作図上での注意点

カウンターを据え付けた位置にちょうど3Pコンセントがあり、配線のメンテナンスができなくなってしまいます。急きょステージの1部にメンテ用の蓋をつけました。

また、カウンターの底板も高くし、コンセントが取り付けできるように加工しています。ただ、この底板にもメンテ用の蓋か配線用開口を設ける必要があります。(改善案の断面図をつくっています。)

ope-jyuki04
ope-jyuki05
お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ