これは壁面を旨く使った事例!

下の作図は、よく考えられた壁面ディスプレーです。

壁面にランダムにディスプレーボックスを配置して、下部にはシンプルで汎用性のあるショーケースを床から浮かせ間接照明を取り付けました。

ここで覚えて欲しいのは、ディスプレーボックスの納め、それに下部の間接照明付きショーケースです。

この2箇所の理解と納めさえ描ければ、似かよった作図は誰にでも描けます。

それでは、進めていきます。いつも言っていることですが、ゆっくりで良いですから、しっかり覚えるようにしてください。

2020-07-13 08:00
壁エリアを旨く活用した作図事例
DIESEL 丸の内店_2006
■サイズ■仕様
W2600×D440×H680
壁面については図面参照してください
本体:木工下地黒皮仕上
芯出し見付け:木工下地真鍮腐蝕プレート貼り鍵付き
SC前板:t=6クリアガラス
■備考
難易度:中級編/★★☆

作図説明 とポイント

トップの画像だけでは、実施図にならないので、以下に詳細図を添付しておきます。

尚、この図面は、2枚構成で実施図となります。

各詳細図

まず、埋め込みタイプのディスプレーボックスです。

以下は平面詳細図となります。

木下地のボックスに、真鍮角パイプ(40mm×32)を腐蝕加工したフレームを扉区枠としました。

アンティーク感を演出しました。

ガラスFIXの納めはとてもシンプルで、6mm厚のガラスをスチール9mm角の押さえ縁にて固定しました。
(以下詳細図参照)

次に、断面詳細図を見て頂きます。

内部に薄型タイプのミニダウンライトを取り付けました。これにより、ケース内の商品をより際立たせることができます。

ここでは、照明による熱を逃がすための熱拔き孔は必須です。(忘れないように!)

そして、気になるのが、デプス300mのショーケース固定方法です。

この状態でも問題無いとは感じますが、若干の強度不足かもしれません。

その場合は、造作壁と躯体壁の間に何らかの補強材が必要です。私は、現場対応願いますと記入しておきました。

ちょっといい加減に聞こえますが、逆に現場に任せする方が旨く行く場合があるのです。

職人さんの意地みたいなのを旨く活用します。

実は、鍵の取り付け位置に付いてはちょっと悩みました。

というのが、 当初は扉のフレームの見付に予定してたのですが、見栄え、納まり具合が良くなかったもです。
鍵がフレームに入りずらかったからです。

結局フレームの底面に取り付け可能なカムロックを探しました。(上の断面図参照)

ここで使用したカムロックについては取り扱いをしているところはなく、通販サイトにてみつけました。

残念ながら、画像しかありませんが添付しておきますので、参考にしてください。

続いて、壁面の下部に設置した大型のショーケースです。

壁面から持ち出した32mm角のパイプを土台として取り付け、壁面に200mm程埋め込ませています。

この納めも特に難しい構造をとっていませんが、今見てみるとエースラインのメンテナンスはちょっと厳しいと考えます。

もう少し前に取り付ける方法を考えれば良かったと反省してます。

ケースの芯出しの前板に腐蝕加工した真鍮を使っている程度で、意匠は特に入っていません。

その他の箇所は従来のショーケース付きカウンターとほぼ同じ納めとなっています。

ただ、違ったところと言えば、ショーケースを浮かしたことですね。

そのために、壁面下地に持ち出しパイプを取り付け、そこに乗せたところが従来のショーケースとは差異があります。

間接照明は、効果がありました。

上の作図は、より理解して頂くために、にショーケース内の拡大版を添付しました。

しっかり理解してください!

まとめ

壁に大小サイズの異なるショーケースを埋め込んでいるので、壁自身の強度と開口補強は必ず必要です。

この部分だけプラスターボードよりも硬い不燃性合板に替えることも選択肢のひとつとして考えらます。

作図に関して、他に適した方法があるかもしれません。

こういうときは、コストと工程、そして現場で取り付ける業者さんとの入念な打ち合わせが肝心です。

以上!長々とおつきあいありがとうございます。

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ