wall-stok01
トミーヒルフィガー 近鉄和歌山店_2000.04
■サイズ■仕様
W700×H2200×D675
図面参照 
木下地:染色CL仕上げ
t=6mmクリアミラー貼り
■備考
面材多種 

背景

現在でも人気のアメリカンカジュアルファッション。百貨店に出店が主です。面材を多く使い、フォルムからは重厚感のあるクラシっク風になりがちな雰囲気を白塗装で柔わげ、アクセントの木目の茶色が引き立つ明るいショップイメージになっています。

作図説明

壁面什器横に設置したミラー付きのストックボックスの図面です。エスカレーター横の売り場でしたので、左側面と裏面にも仕上げは必要とされました。多用した面材の種類が多く作図には時間がかかりました。

その分、仕上りは素晴らしいものとなり、これぞ「トラッド」って感じです。作図的には、ミラー建具です。建具を面材を店舗環境に合わせ、その寸法取りに注意して、決して建具を感じさせない手法をとりました。

要は、「ここには、ドアなどありませんよ!」って感じで、俗に言う隠し蝶番手法?です。ピアノ蝶番を建具の小口に取り付るのではなく、背面につけることで可能となった見せ方です。(これ結構使えますよ!)

下記に、平面詳細図を載せてますので、確認してしっかり理解してください。店格を意識する店舗では、必ずとは言いませんが、過去に多くの収め図を描いてきました。

wall-stok02
wall-stok03
取り付けたステーの画像

開閉を制限するステーについて

このミラー付建具にはストッパーがなく、180度に近い角度で開きます。その結果、ストックボックスと建具が接触して、双方にキズがつくこともあります。この場合、開く角度を制限してぶつからないようにする工夫が必要です。 工夫といっても簡単で、建具上部にステーを取り付けることで解決できます

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ