物件名:ローグスゼロ 6_2008.06

背景

「安くて早い」ファストフードになぞらえて、ユニクロや、H&Mなどのファストファッションと呼ばれるショップが多く世に出回った頃に、友人からの以来で手掛けた物件のひとつでした。

主な業務は、基本設計後の実施図と施工図でした。部材にスチールが多く使われていて、成れない納めを一生懸命になってやってましたね。

作図解説

上の作図事例は柱巻きスクリーンの姿図とその断面図です。レンガ貼り柱をガラススクリーンで覆ってショーウィンドを兼ねた売場にもなっていたようですが、今見ると、完全にショーウインドウ仕様と気がつきました。

ショーウインドウの中に棚を構成した珍しいウインドです。品数の豊富さを表現する目的が有ったと感じます。

デザインと言えば、100mm×100mmのH綱と柱のレンガタイルとの組み合わせで重厚感ある意匠になっています。

a部詳細図で表現しているように、基本フレームとなるH鋼を四方に配置し、それぞれをボルトとナットで固定しています。

ただ、H鋼のエッジを正面に見せる組み合わせ方をしているので、ジョイント箇所にスチールプレートを溶接して固定させました。

H鋼を組み合わせた状態では揺れに対しては耐久性が弱いので、柱の下地材に固定した16mm×16mmの角パイプにて補強を取っています。以下のb,c部詳細図で、H鋼と補強パイプとの固定方法を確認してみてください。

ガラススクリーンはH鋼に溶接している持ち出しパイプとローレットビスにて取り付けあります。この手法はガラス張りのビルなどではおなじみの工法なので、街で見かける場合は注意して見ておいてもいいでしょう。

また、e,d部詳細図では柱周りでディスプレイする商品を取り替えるために設置したガラスドアのヒンジ部分を明記しています。

このガラスヒンジをH鋼に取り付け方法が最も悩まされた箇所でありますが、結果的に、ボンデ鋼板で持ち出し金物を作って解決はしました。

ただ、取って付けた感が残ってしまいました。(反省)施工図はこういう当たりが難しいです。

作図上の注意点としては、それほど大したことはありませんが、ガラススクリーンを固定するため、床面にコの字チャンネルを埋め込んでいますが、ガラスドアの下部には蓋が必要となるので、気をつけて作図してください。

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ