wall什器01
シンンプルライフ マニュアルより_2001.11
■サイズ■仕様
W1250×H2200×D500
図面参照 
支柱:20×50スチールパイプメラ焼/シルバーメタリック
幕板: t=16mm化粧板仕上げ
■備考
照明用ラインコンセント取り付け 

背景

レナウンが立ち上げたレディースのオリジナルブランドです。当時はマニュアル作成に携わりました。施工が難しい百貨店の改装物件では、壁面は自立型什器だけでの構成したショップが多く、施工コスト云々の問題もありますが、一番の要因は工事期間の大幅な短縮です。メーカー(出展者側)もコストが無く、什器持ち回り作戦でした。

設計説明

壁面什器のマニュアル用に作図したものです。ショップテーマでもあるシンプルなフォルムにするために、フレームは比較的細めの、20mm×50mm角パイプを使用しました。少しでもスマートなイメージを演出したいという理由です。

上部には間接照明のカバーとサインベースを兼ねた幕板を取り付け、基本フレームの安定性も確保できるようにしています。

下に、断面詳細図を添付してます。幕板部分とステージ部分の作図です。このような自立什器は、昔からあまり変化がなく変わることはありません。前述したようにマニュアル化されることで、コスパを狙っているのかもしれません。

縦断面詳細図

上記は、立面の断面詳細図です。支柱の位置関係を明確にするために描き足しました。見えないところを描くのも私の仕事です。また、あらゆる出店先を想定して、3Pコンセントもステージの背面に取り付けます。

この基本パターンの什器のほかに、サイズちがいの900mmワイドをベースにした什器や、コーナーサインの什器などの作図にも携わりました。

作図上での注意点

幕板裏の繋ぎパイプと前垂れについて幕板の裏面にフレームを繋ぐ角パイプを溶接していますが、フレーム用の鋼材が細い事もあり、幕板がおじぎをするように垂れてしまう恐れがあります。

両側にある持ち出し金物と本体のフレームのジョイント部分にプレートを溶接するだけでも前垂れを防ぐことができます。 (改善案の断面図作成しています)

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ