チュチュアンナ千葉パルコ店 _2010.03
■サイズ■仕様
W750×D118×H2540
図面参照
枠:化粧板仕上げ(木調)
ガラリ取付/枠同色焼付塗装仕上(DIC-311) 
■備考
2020.06.03更新評価:★★★(3p)

背景

2010年3月物件で、女性下着専門店。男性には縁のない商品だったので、私の友人(女性)に作図フォローをお願いしました。商品サイズや陳列ピッチなどをいろいろレクチャーを受けながら、作図を進めていきました。

作図内容

この作図事例は店内奥にあるフィッティングルーム(以下FR)への出入り口に設けた開口枠図です。開口枠の両側にある壁の奥にFRがあります。

アパレルショップでは、この事例のように壁面の裏側にFRを集約し、出入り口に、今回の事例と同様の開口枠を設けることがあります。この手法によって、壁面をより広く有効活用できるようになります。

開口枠上部には、FRへの案内サインとガラリを取り付けてありますが、設計当初にはガラリはなく開口だけでした。しかし、開口枠部で意匠が途切るよりも連続して見れるように、ガラリを取り付けました。

以下に平面詳細図が有りますので確認ください。って言ってもあまりの単純さが悲しいです。建具枠のようなものとお考えください。

平面詳細図

次に今回の主であるガラリ部分の断面詳細図をご覧頂きましょう。こちらはかなり複雑に見えます。ガラリの羽が細かすぎて描くのが邪魔くさいかがします。

このガラリ、店舗にはよく存在して、過去に何度も作図してきましたので、かなり慣れました。ちなみに、今回はスチール製での作図ですが、木製のガラリも何度も書いた記憶があります。

断面詳細図

作図上の注意点

排煙口のサイズについては、天井まである壁の奥にFRやストックを設けた場合、このエリアは密閉空間になります。

この密閉空間を作った時は、火災時に煙を逃がす為の排煙口を設けることが法規上必要です。一般的に排煙口に必要なサイズは「密閉空間の面積×1/50」以上あれば有効とされます。  

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 デザインブログへ